知りたい銀行系キャッシング

キャッシングというと、もともとは消費者金融が始めたサービスだと言えるでしょう。
しかしながら、最近では色々な銀行が酸有してきて、キャッシングのサービスを提供しています。
キャッシングのサービスを提供している会社は、銀行以外に信販会社、消費者金融が主なものですが、これらと比較した場合には、審査が厳しくて金利が低いという傾向があります。言い換えれば、審査が厳しい分だけ借入の条件は有利だとも言えます。

 

他の会社と比べると、銀行は異なる規制が適用されているという違いもあります。
消費者金融も信販会社も貸金業者として登録をしてキャッシングのサービスを提供しているのですが、銀行は貸金業者ではありません。ですから、貸し金合法で定められている様々な規制を守る必要がないのです。
その中でも重要なものが総量規制です。総量規制では、年収の3分1までしか借入ができないと定められていますから、年収によって借入限度額が規制されていると言えるでしょう。
しかし、銀行は貸金業者ではありませんから総量規制を守る必要はなく、法的には限度額を大きくすることはできます。

 

もちろんですが、返済可能性が低いと判断された場合には限度額をあまり大きくすることはできませんが、法律の規制によって限度額に制限が加えられる事はありません。ですから、多くの資金を必要とするときには、消費者金融のキャッシングや信販会社のキャッシングを利用するのではなくて、銀行のキャッシングのサービスを利用する方が良いでしょう。