審査に通るために必要なこと

キャッシングで審査に通るためには、まず審査の目的を把握しておく必要があります。
何が問われているのかというと、返済可能性という一言に尽きます。
金融機関は、返済してくれない人にお金を貸したいとは考えないでしょう。
これは常識的に考えれば分かることです。
貸したお金をきちんと返してもらう事ができるのかどうかを判断することが必要なのですが、それをするためのものが審査です。

 

キャッシングを提供している金融機関は、過去の貸し付けのデータをたくさん持っています。
そして、どのような人ならきちんと返済できるのかということを、データとして判断をしているのです。
そのデータに照らし合わせて返済可能性が判断されます。

 

では、具体的にはどのような事が問われるのかというと、これは金融会社によって異なっています。
キャッシングを本格的に行っている消費者金融の場合には、年令制限と収入に関する規定のみがあるというのが一般的です。
20才から60才くらいと言うのが一般的ですが、年令についても金融会社によって微妙な違いはあります。
収入については、金額ではなくて安定性が重要視されます。
年収が高いと言うことよりも、年収が安定している方が審査には通りやすいという傾向はあります。
ですから、正社員のほうがキャッシングは利用しやすいと言えるでしょう。
しかし、正社員ではなくても、パートやアルバイト、あるいは派遣社員として働いている人であっても、安定した収入があればキャッシングを利用する事ができます。